京都の皮膚科を訪れるなら一般のところと美容系を区別できるようになろう

一般と美容に分かれる

医者

京都にある皮膚科には二つのパターンがあるので、自身の皮膚の状態を考えて、どちらを訪れるか考えるようにしましょう。見分け方は簡単なので、少し学べば、どちらがよいのかすぐに分かるようになります。まず、一般的に皮膚科と呼ばれるところは、皮膚の病気を診察して、治療を行ってくれるところです。湿疹や腫れなど、普通ではない状態に肌がなっているのなら訪れるとよいでしょう。そして、病気の診察ではなく、肌をキレイにすることを目的とした、美容皮膚科という医療施設もあります。シワやたるみなどを解消してくれるところなので、アンチエイジングを望むのなら活用しましょう。それぞれは同じ皮膚科ですが、まったく違ったサービスなので、間違ったほうを訪れると満足できない結果となります。もしも、近場に皮膚科があるのなら、一般的なほうか美容のほうか、しっかりと確認したうえで利用することをおすすめします。

保険か自費かを確かめよう

医者

皮膚が病気になって、京都にある一般的な皮膚科を訪れた場合は、ほぼ間違いなく保険を使った治療を行われます。こちら側から、保険外の治療をして欲しいと頼まない限り、勝手に自費治療が行われることはありません。手術が必要になったとしても、保険を使って安く治療ができるので安心しましょう。そして、美容皮膚科を訪れるのなら、基本的には治療費を自身で全額支払う、自費治療を受けることになります。10割すべてを支払わなければならないことに加えて、最先端の治療が行われる可能性もあるため、かなりの治療費になってしまうケースがあります。ただし、一般的な皮膚科のように、料金の説明をせずに、治療が開始されることはありません。従って、治療が終わり、支払いのときになって、高い料金に驚くことはないです。事前にドクターやスタッフが治療費について説明してくれるので、どのくらいの料金がかかるのか、把握したうえで施術を受けられます。美容皮膚科によっては、ホームページを運営していて、そこに各施術の料金表が載っているので、気になるのなら探してみましょう。なお、美容皮膚科の場合は、保険治療を一切行っていないケースもあるので気をつけなければいけません。そのため、本来ならば一般のほうを訪れれば、保険を使って治してもらえる症状も、同じ治療なのに全額負担となる場合もあります。一切保険を使えないところは、ホームページなどに説明があるので、チェックしてから訪れることをおすすめします。

広告募集中