岡田佳子医院では通常の保険治療のみならず自費の美容治療までを担う

HOME>オススメ情報>皮膚科として得意分野での治療内容に幅を利かせる

美容と健康から治療を行う

肌トラブル

美容皮膚科のパイオニアである分院皮膚科にて、知識・技術を身につけた女医が、ニキビから肝斑、脱毛という多彩なジャンルで治療を行ってくれます。岡田佳子医院では、女医ならではの視点から美容的処置(自費)を希望する患者と、健康的診察(保険適用)を希望する患者向けの治療を行ってくれます。岡田佳子医院での治療の種類の幅の広さも特徴ですが、病気を治すあるいはキレイにする、この美容と健康の2点で治療を行うのが特徴です。皮膚疾患の種類別に特徴を説明、治療内容を提案、ケアまでを担うサポート体制もしっかりしています。例えば、得意分野のニキビに対しては、化膿ニキビから赤みや黒ずみ、凹凸の治療までが対象です。皮膚疾患の種類に応じて、内服薬や外用薬を巧みに使い分けています。加えて、ほとんどの治療は痛みがなく、早い完治が期待できることも特徴になります。

個室だからプライバシー保護が魅力

顔に触れる女性

これまでに6万人以上から利用されている岡田佳子医院ですが、それだけ注目されている理由の1つは、皮膚科でありながら全て個室で施術が行われる点です。個室であれば、プライバシーも守られるため、岡田佳子医院では男性受診者が多い傾向です。その相談内容も、通常の皮膚疾患に多いニキビのみならず、薄毛の相談にも応えています。この治療、平成15年からスタートし、今や男性のみならず、女医が相談役であることから女性特有の薄毛にも応えるとして注目度は高まっています。

皮膚科だから安心できる脱毛

院内

岡田佳子医院では、一般皮膚疾患のみならず、美容効果のある治療での注目度が高い傾向です。その1つが、美容脱毛です。1人1人の肌状態が異なるため、岡田佳子医院では脱毛専門のエステサロンのように3種類の機種を用意しています。高速にて脱毛を行える点、脇や腕だけでなく、デリケートゾーンなどまで永久脱毛ができます。ちなみに、男性からも注目されており、陰部やヒゲなどもセンスよくデザインしてくれる、こうした点でも人気取りしています。

広告募集中